発表会についての僕の考えPart2

このページの参照数合計:159 今日:2 昨日:2

僕の考え2

発表会についての僕の考えPart2

昨日の続きで~す

話をスポーツの事に戻すと
例えば、高校サッカーなんかを見ていても
「このチーム試合を重ねるごとに強くなっていますね~っ!」
とかいうの、よく有るじゃないですか、

試合に出場する事(ベンチで見ている事も含めて)により
潜在意識が掘り起こされ、
隠れていた能力が目覚め始めるのだと思います。

試合と同じレベルの緊迫感と集中力を自らの中に作り出し、
練習出来れば良いのだろうけど・・・

そんな事は
高度なメンタルトレーニングを受けてきた人でもなければ
不可能ですよね。
(それでも、それが出来たとしても、
本物の試合から得られる物には及びもつきませんよね)

「発表会に出ると決めたら、
恥をかいてはいけないと一生懸命練習するから
上手く成るんだろうな~」

と、よく言われますが、それは違います!!!
(全く違うとは言い切れないけどね)

発表会というものは
自分がステージで弾いている瞬間だけが発表会ではありません
発表会は、当日朝起きた時点から始まっています。
(能力の高い子は一週間前位からスイッチが入っています)
すでに普段とは違う精神状態に入って集中力を発揮し始めています。

続きはまた明日書きますね

お楽しみにね♪

このページの参照数合計:159 今日:2 昨日:2

コメント


認証コード9860

コメントは管理者の承認後に表示されます。