「大きな古時計」弾き方解説

「大きな古時計」弾き方解説

このページの参照数合計:246 今日:1 昨日:0


「大きな古時計」詳しい解説はコチラ

起承転結の起の部分
低音をしっかりつなげましょう
FがCに変わるまでは
中指ははなさないまま演奏します
Bbの所は中指と薬指の音を消さない様に
小指を足します

転の部分
中指はずっと押さえたままで
低音が良くつながっているか
聴きながらね
耳も練習に参加させるんだよ
Bbの所はナナメ一列+小指で
ひとつずつ離していきましょう
伴奏は優しくね

結の部分
お休み きちんと音を消す
ココでお話は終わりますが・・・

Coda
ここからは、
まだ終わりたくないよぉ~っ!
という、余韻、回想・・・

切ないですね・・・

そして

静かになりながらブレーキがかかり
止まって、消えてゆきます

最後は両手でしっかり音を消して
無音、静か、という音楽を
自分の好きな長さだけ作ってから
顔を上げて動いて下さい

「大きな古時計」詳しい解説はコチラ

キャプチャ


このページの参照数合計:246 今日:1 昨日:0

コメント


認証コード7441

コメントは管理者の承認後に表示されます。