「人間の証明」読み終えました

人間の証明

先日横川の霧積亭でお昼を食べたのがきっかけで、読んでみました

画像の説明
内容紹介
ホテルの最上階に向かうエレベーターの中で、ナイフで刺された黒人が死亡した。棟居刑事は被害者がタクシーに忘れた詩集を足がかりに、事件の全貌を追う。日米共同の捜査で浮かび上がる意外な容疑者とは!?

内容(「BOOK」データベースより)
「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」。西条八十の詩集を持った黒人が、ナイフで胸を刺されて殺害された。被害者は「日本のキスミーに行く」と言い残して数日前に来日したという。日米合同捜査が展開され、棟居刑事は奥深い事件の謎を追って被害者の過去を遡るが、やがて事件は自らの過去の因縁をも手繰り寄せてくる―。人間の“業”を圧倒的なスケールで描ききった、巨匠の代表作にして不朽の名作。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
森村/誠一
1933年熊谷市生まれ。青山学院大学卒。10年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。江戸川乱歩賞・日本推理作家協会賞・角川小説賞・日本ミステリー文学大賞・吉川英治文学賞を受賞。推理小説の他、歴史小説・ドキュメントにも作風を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みなさんレビュー書いてね~♪
星は全部タップして黒くしてね~♪


古賀と稲垣をほめてくれる方は
コチラをタップ


立花をほめてくれる方は
コチラをタップ


キャプチャチャンネル登録宜しくね
今日のご飯・・・教室日記Topへ  

a:86 t:1 y:0

ギター教室navi



ジモティー
https://jmty.jp/tokyo/les-mus/article-e6uc1

コメント


認証コード0905

コメントは管理者の承認後に表示されます。