海辺のカフカ

このページの参照数合計:143 今日:2 昨日:0

「海辺のカフカ」過去に何度か読んだ事が有ったんですけど

久しぶりに読んでみました

やっぱいいわ〜っ!!!
スッゴい面白かったです

内容紹介

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

内容紹介

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女――。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホシノ青年に助けられながら旅を続ける。〈入り口の石〉を見つけだし、世界と世界が結びあわされるはずの場所を探すために。謎のキーワードが二人を導く闇の世界に出口はあるのか? 海外でも高い評価を受ける傑作長篇小説。

画像の説明

キャプチャチャンネル登録宜しくね

a:143 t:2 y:0

コメント


認証コード7511

コメントは管理者の承認後に表示されます。