古林ウクレレが出来上がりました

このページの参照数合計:130 今日:1 昨日:1

古林ウクレレが出来上がりました

キャプチャ
制作家の古林達郎さんは1998年4月より
茶位幸信バイオリン・クラッシックギター工房にて
楽器の制作・修理に従事して2010年に独立した
(ウクレレの業界では珍しい)
本格的な楽器のプロです

実際に音を出してみれば一目瞭然
お話にならない位他の人の作品とは次元が違います

内部構造は何と、スペインの伝説の名工
アントニオ デ ト―レスの秘伝の骨組みで作ってます

5月20日位から次回の制作を始めます

ご注文はお早めにね
古林ウクレレの制作依頼の仕方はコチラ

今回は4名の生徒さんが
制作を依頼しました

それぞれ個性的な
素敵なウクレレが出来上がりました

テナ―カッタウェイ アバロン貝

画像の説明

ヘッドが太いタイプで
画像の説明
指板のホヌ(亀さん)が可愛いですね

古林ウクレレもっと詳しく

テナ―カッタウェイ ハイビスカス画像の説明

ハイビスカスのロゼッタがとっても素敵ですね

ヘッドはスリムなタイプで
画像の説明

テナ― オリジナルタイプ

画像の説明
コチラもオ―ルハワイアンコアで
シックな大人好みの素敵な木目のコアを選ばれましたね♪(^-^)/

コンサート アバロン貝

画像の説明
アバロン貝のホバリングが宝石の様にキラキラ輝いてスッゴい素敵です

キャプチャチャンネル登録宜しくね

a:130 t:1 y:1

コメント


認証コード1882

コメントは管理者の承認後に表示されます。