「サラリーマンの力」亀淵 昭信

このページの参照数合計:126 今日:3 昨日:3

ギターの生徒さんが書いた本を
ネットで見つけたので早速買って読んでみた・・・

ス~ッゴイ面白かったです
お勧めですよ~♪

画像の説明

内容紹介

会社という組織に属しながら、
いかに創造力を発揮すべきか?

オールナイトニッポン伝説のDJにして、
ニッポン放送元社長という、
会社員人生を極めた著者が考える、
ポジティヴでまったく新しいサラリーマン論。

ラジオ業界のエピソードを交えながら、
「企画力」と「営業力」の重要性、
社内政治の乗り切り方、グローバル社会における企業の意味、
会社と共に生き、チャンスをつかむ方法を伝授する。

吉田拓郎氏推薦!
「カメちゃんは僕の少し前を行くイメージなのだ」

みんな買ってね〜♪(^-^)/

ここから、僕のくだらない話で
すみません😢⤵️⤵️

何にも手をあげず
お望みの方はお先にどうぞで
人と争う様な事、競争なんてとんでもない
どうぞ、どうぞで
小学5年生位から生きて来ちゃって
謙虚とか奥ゆかしさとかで
周りの波風に当たりたくなくて生きて来てしまったけど

でも、手をあげるべき時は手をあげないと
人生もったいないなって・・・

届かなければ、伝わらないよねって・・・

僕も還暦を過ぎた事だし、やりたい事とか
少し、勇気を出して主張してみようかなって
今、思ったりしてます

このまま、人知れずは・・・
ちょっと死にきれないよね
寂しいよね、ナンテね♪(^-^)/
(だからって急に家族をほったらかして音楽に本気に成る気もないけどね、とにかく何よりも家族との時間が一番貴重ですから)

あまりにも、何にも言わな過ぎた事を
試しに少しだけ人に伝えてみようという勇気を
おおいにもらいました

そんな気にさせてくれる熱い心の伝わる本でした

最近こんなテレビをたまたま見たばっかりだったので・・・
物言う株主 村上世彰が再び...ホリエモンが語る村上氏の二面性:ガイアの夜明け

感慨深く・・・

豊かな心で文化的にも社会貢献している人々の平和で調和のとれた世界を
殺伐とした心の人達がル―ルの弱点をついて侵略してくる・・・ナンテね♪(^-^)/

ソ―シャルビジネスの概念が、もっと浸透して欲しいね〜♪(^-^)/

最後の章でご家族の事にも触れられていて・・・

やっぱりそうだったのか~っ!!!
メガネ外したら似てるかもって思ってたんだよな~♪

キャプチャチャンネル登録宜しくね

a:126 t:3 y:3

目次より

プロローグ 「歯車」じゃない人間なんていない
第一章 僕はどうやって「サラリーマン」になったのか
第二章 サラリーマンの「企画力」と「営業力」
第三章 上司、部下、出世競争……人間関係の乗り切り方
第四章 時代の変化をどう生き抜くか
第五章 サラリーマンが「卒業」するとき

【著者プロフィール】

亀渕昭信(かめぶち あきのぶ)
ポピュラー音楽研究家。1942年北海道生まれ。1964年ニッポン放送入社。以来45年余り、番組制作、パーソナリティー、編成、経営と仕事の大半をラジオ局のサラリーマンとして過ごす。1999年から同社代表取締役を務め、2008年退任後、フリーのラジオDJとして活動。著書は『亀渕昭信のオールナイトニッポン-35年目のリクエスト』(白泉社)、『亀渕昭信のロックンロール伝』(ヤマハミュージックメディア)など。

コメント


認証コード7707

コメントは管理者の承認後に表示されます。