「夢幻花」東野圭吾 読み終えました

借りた本だったけど
とっても面白かったです

画像の説明

内容紹介

「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない――」by東野圭吾

花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。
遺体の第一発見者である孫娘・梨乃は、
祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、
ブログにアップする。

それを見て身分を隠して近づいてきたのが、
警察庁に勤務するエリート・蒲生要介。

ふとしたことから、その弟で大学院生の蒼太と知り合いになった梨乃は、
二人で事件の真相解明に乗り出す。

一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、
別の思いを胸に事件を追っていた……。

禁断の花をめぐり、
宿命を背負った者たちの人間ドラマが交錯する

〝東野ミステリの真骨頂〟。

第二十六回柴田錬三郎賞受賞作、待望の文庫化。



にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ ←応援クリック宜しくね

キャプチャチャンネル登録宜しくね
今日のご飯・・・教室日記Topへ  

a:140 t:2 y:1

コメント


認証コード9050

コメントは管理者の承認後に表示されます。