「さよなら、田中さん」 鈴木るりか、読み終えました‼️

画像の説明

す~~っごい面白かったですっ!!!

田中花実は小学6年生。
ビンボーな母子家庭だけれど、
底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、
大食らいで過ごしている。

そんな花実とお母さんを中心とした
日常の大事件やささいな出来事を、
時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。

今までにないみずみずしい目線と
鮮やかな感性で綴られた文章には、新鮮な驚きが。

友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」

お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」

小学4年生時の初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」

田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」

中学受験と、そこにまつわる現代の毒親を
子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」

全5編収録。


にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ ←応援クリック宜しくね

キャプチャチャンネル登録宜しくね
今日のご飯・・・教室日記Topへ  

a:116 t:1 y:0

コメント


認証コード6137

コメントは管理者の承認後に表示されます。