十字架

読んでみました

いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、
僕の名前が書かれていた。

あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。
でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。

あいつはどんな思いで命を絶ったのだろう。
そして、のこされた家族は、
僕のことをゆるしてくれるだろうか。

のこされた人々の魂の彷徨を描く長編小説。

吉川英治文学賞受賞作。


にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ ←応援クリック宜しくね

キャプチャチャンネル登録宜しくね
今日のご飯・・・教室日記Topへ  

a:249 t:1 y:0

コメント


認証コード4612

コメントは管理者の承認後に表示されます。