北の国から

北の国から

メロディーを太い音で浮き上がらせて
伴奏は細い音で遠くから聴こえる様に表現して
演奏に立体感をつけよう



和音とメロディーを同時に弾くときも
2~4弦は細い音、1弦は太い音で
メロディーの流れが自然に聴こえる様にしよう



メロディーと伴奏を分奏してみよう
一本調子に成らない様に
起承転結を考えてメリハリをつけてね

もう少し初めを弱く入った方が良いかもね !(^^)!

1拍子症候群がだいぶ緩和されてきたね

本人はとても不満そうですが
この、不満を感じられるレベルになる事が
とっても大事な事なんです

気が付く事が出来る事が大切です

北の国からサビの所の弾き方

2小節で1つの文節、4小節で「てん」、8小節で「マル」

タブ譜でなく五線譜の方で音の流れを読み
色とメリハリを付けていく

テンポの揺らしと強弱の変化のつじつまを合わせる



a:25 t:1 y:0