ギタリスト列伝

画像の説明

1 エリック・クラプトン



CBE(Eric Patrick Clapton CBE、1945年3月30日 - )は
イングランドのサリー、リプリー出身のギタリストで
ブルース&ロックミュージシャンである。



ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと共に、
3大ギタリストと呼ばれていた。



今もロックやブルースのギタリストの多くに影響を与え続けている。
「スローハンド」というニックネームが有名である。



ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第4位。


身長177cm。

1970年代には薬物依存症、
1980年代にはアルコール依存症、
交通事故、胃潰瘍・・・

愛妻パティ・ボイド(親友でもある元ビートルズのジョージ・ハリスンの前妻)
との別離を経験。

1990年代初めには、
イタリア人女優ローリ・デル・サントとの間にもうけた初めての子供コナーが
ニューヨークの高層マンションの窓から転落死するなど、
私生活では数々の不幸を経験もしている。






2 ジェフ・ベック





おまけに・・・



3 ジミー・ペイジ

Black Dog- Led Zeppelin 4

ジェームス・パトリック・"ジミー"・ペイジ OBE
(Jimmy Page, 本名James Patrick Page OBE 1944年1月9日 - )は
イギリスのロックギタリスト、作曲家、プロデューサー。

Since I've Been Loving You ~貴方を愛し続けて

エリック・クラプトン、ジェフ・ベックとともに3大ギタリストと呼ばれる。
https://www.youtube.com/watch?v=BcL---4xQYA
当時の音楽ジャーナリズムからは「1970年代のパガニーニ」と形容され、

世界で最も成功したロックバンドの一つである
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)のギタリスト兼リーダー。
https://www.youtube.com/watch?v=RKOngTfTMs0
レコード、ステージなど全般のプロデュースも担当した。
https://www.youtube.com/watch?v=sfR_HWMzgyc
イングランドロンドン出身。
https://www.youtube.com/watch?v=GonQSHxzb1k
ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第9位。
https://www.youtube.com/watch?v=p6S9oqJRclo
https://www.youtube.com/watch?v=S4v-_p5dU34



4 リッチー・ブラック・モア

Deep Purple - Burn



リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore, 1945年4月14日 - )は、
イギリス出身のギタリスト。身長179cm。

Rainbow/Difficult to Cure



イングランド西部の保養地、サマセット州ウェストン・スーパー・メアで生まれる

Deep Purple - Highway Star[Original Live]



通常リチャードという名の男性のニックネームである「リッチー」は
「Richie」と表記するが、彼は「t」を加えて「Ritchie」としている。

ディープ・パープル、レインボーの元メンバーとして有名。

Deep Purple - Smoke On The Water 1975

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」、
「ブラック・ナイト」などの明快で印象的なリフ職人であり、
「ハイウェイ・スター」、「紫の炎」などの超絶的な速弾きは有名で、
ギター速弾きの元祖と言われる。

1970年代は3大ギタリストを初めとする、ブルーズロック全盛期にありながら
ロック・ギターにクラシック音楽のフレーズを導入し、
後にイングヴェイ・マルムスティーンが確立する、
「ネオクラシカルメタル」の世界観を生み出し、
ロックの音楽の幅を大きく押し広げ、

1970年代以降のハードロックシーンに計り知れない影響を与えた。

また、ストラトキャスターの多用、
ステージの最後でのギター破壊など、
彼のステージパフォーマンスは、ハードロック、
ヘヴィメタルにおけるギターヒーロー像として現在にも受け継がれている。

イングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイ、ランディ・ローズ、
クリス・インペリテリ、ヤニック・ガーズ、エディ・ヴァン・ヘイレン、高崎晃など、

彼の世界観やプレイに影響を受けたフォロワーは著名ギタリストにも数多く、
世界各国の音楽シーンの第一線で活躍している

Blackmore's Night - Way to Mandalay

&br; ***Blackmore's Night - Cartouche



5 ヴァン・ヘイレン

Van Halen - Jump



エドワード・ヴァン・ヘイレン
(Edward Van Halen、本名:Edward Lodewijk Van Halen、1955年1月26日 - )は、
アメリカのギタリスト、作曲家、音楽家。

Van Halen - Hot For Teacher



「エディ・ヴァン・ヘイレン」とも呼ばれる。

Eddie Van Halen - Beat It solo Live with Michael Jackson

Van Halen - Can't Stop Loving You



ハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのギタリストで、
同バンドのドラマーのアレックス・ヴァン・ヘイレンは実兄。

Van Halen - Dreams



姓はオランダ語では「ファン・ハーレン」と発音するが、
この兄弟に関してはオランダ生まれながら
英語読みの「ヴァン・ヘイレン」が一般化したようである。

Van Halen -Why Can't This Be Love?



父と同じ道を歩んだヴォルフガング・ヴァン・ヘイレンは息子である。


オマケ

「ERUPTION 暗闇の爆撃」 レイト・ヴァン・ヘイレン



6 イングヴェイマルムスティーン

イングヴェイ・マルムスティーン

(Yngwie Malmsteen、本名Lars Johan Yngve Malmsten、1963年6月30日 - )は、 スウェーデン・ストックホルム出身のミュージシャンであり、 ロック・ギタリスト。 ***Alcatrazz - Yngwie Malmsteen Guitar Solo



インギー」の愛称で親しまれている
(ただ、本人はこの愛称をあまり好く思っていないとされる)。

Yngwie Malmsteen - Rising Force



ロック・ギターにクラシック音楽の要素を盛り込み、
驚異的な速弾きでギター奏法に大革命をもたらした。

Alcatrazz - Island In The Sun



日本でのみマイケル・シェンカーの「神」に対して「王者」と呼ばれる。

Yngwie Malmsteen - Evil Eye


Far Beyond The Sun - Yngwie Malmsteen



7 マイケル・シェンカー

MSG - "Captain Nemo" Live 1983



マイケル・シェンカー
(ミヒャエル・シェンカー、Michael Schenker、1955年1月10日 - )は
ドイツ出身のハードロック/ヘヴィメタルのギタリスト

MICHAEL SCHENKER [ INTO THE ARENA ] [III] LIVE 1981.



白と黒の2色で塗り分けられた
ギブソン社のギター「フライングV」を使用していることで有名

Michael Schenker Group - Armed And Ready



スコーピオンズのリーダー、ルドルフ・シェンカーはマイケルの実兄である。

Michael Schenker Group - Rock Will Never Die


UFO [ ROCK BOTTOM ] [I] LIVE,1975.


UFO [ DOCTOR,DOCTOR ] [I] LIVE,1975.


オマケ child guitarist



8 ポール・ギルバート

ポール・ギルバート(Paul Gilbert、本名はPaul Brandon Gilbert 1966年11月6日生)は
アメリカのギタリスト、ミュージシャン、作曲家

1989年 にビリー・シーン、 エリック・マーティン、 パット・トーピーと
Mr.Bigを結成し、アルバムを発表。

バンドはセカンドアルバムからのシングル「To be with you」が大ヒットし、
ギルバートは世界的な名声を得る

mr. big- daddy, brother, lover, little boy (official video)


Mr. Big - To Be With You


Mr. Big - Addicted To That Rush (live in Japan - 1993)



9 ヌーノ・ベッテンコート

ヌーノ・ベッテンコート(Nuno Bettencourt, 1966年9月20日 - )は、
アメリカのギタリスト、ミュージシャン。

Extreme - More Than Words



作品が予定どおり発売されないことが多く、
発売予定日が延期になること、
未定になることなどが通称「ヌーノタイム」と呼ばれる

Extreme - Decadence Dance



一方で、ハイセンスな作曲能力、ギターテクニックにより
「ミュージシャンズミュージシャン」と呼ぶ声も多い。

Janet Jackson - Black Cat



その腕を買われて
セッション・プレイヤーとしても活動したことがある。

特に有名な仕事としては
ジャネット・ジャクソンの「Black Cat」への参加があり、
1990年のビルボード誌チャート1位獲得に貢献している。


10 マーク・ノップラー

1970年代半ばにロックグループ「ダイアー・ストレイツ」を結成。
その後リーダーとして活動休止までバンドを牽引し、
スターダムに押し上げる。

Sultans of Swing - Live Aid



ダイアー・ストレイツでの活動を通して、
その独特のフィンガー・ピッキング奏法によるギタープレイや、
トータルな楽曲プロデュース能力が、
他の多くのミュージシャンの目にとまることとなり、
数多くのセッションに参加。

ボブ・ディランを筆頭にスティーリー・ダン、
エルトン・ジョン、スティング・Sting、エリック・クラプトン、ブライアン・フェリーなど数多くのミュージシャンと親交を深める。

また、ほぼ同時期に映画音楽にも参入。
「ローカル・ヒーロー」「CAL」「プリンセス・ブライド」「ワグ・ザ・ドッグ」などを手がけて高い評価を得る。

Mark Knopfler & Chet Atkins - Instrumental Medley



ダイアー・ストレイツの活動休止後、
ソロに転向し4枚のアルバムをリリース。
特に 2枚目の「Sailing to Philadelphia/セイリング・トゥ・フィラデルフィア」は
全世界で400万枚を超える大ヒットとなる。

また、2004年秋には新譜「Shangri-La」を発売。

Mark Knopfler - Sailing To Philadelphia



その後は数年来レコーディングを続けてきたカントリー歌手のエミルー・ハリスとの
デュエットアルバム「All The Roadrunning」の発売と、
プロモーションツアーを敢行し好評を得る。

Mark Knopfler & Emmylou Harris All the Roadrunning verona 2006


一般的にノップラーのギタープレイに関しては、
J.J.Caleからの影響についてだけ語られる場合が多いが、
実際にはそれ以上にシャドウズのハンク・マービンの影響が濃厚である。

ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第27位


11ランディ・ローズ

ランディ・ローズ
(Randy Rhoads、本名ランドール・ウィリアム・ローズ、
男性、1956年12月6日 - 1982年3月19日)は、ギタリスト。

Ozzy Osbourne - "Mr. Crowley" Live 1981

1:50からと4:20から長いギターソロがあります



クワイエット・ライオットおよび
オジー・オズボーンのバンドのギタリストであったことで知られる。
3:00からギターソロです

Crazy Train: LIVE Randy Rhoads: HQ - After Hours TV show

Dee - Acoustic Finale - Randy Rhoads Remembered 2014



1982年、オジー・オズボーンの全米ツアー中に
遊覧飛行で乗った軽飛行機の墜落事故により25歳で生涯を終えた。



12 ゲイリー・ムーア

ゲイリー・ムーア
(Robert William Gary Moore, 1952年4月4日 - 2011年2月6日)は
シンガーソングライター・ギタリスト。
北アイルランドのベルファストに生まれる。
父親は地元で有名なプロモーターでクラブの経営などに携わっていた。

Gary Moore with Phil Lynott - Parisienne Walkways (live)パリの散歩道



2011年2月6日 (日) 死去 享年58歳だった


13 カルロス・サンタナ

カルロス・サンタナ(Carlos Santana, 1947年7月20日 - )は、
メキシコ出身のアメリカ合衆国のギタリスト。
自身の名を冠したラテン・ロック・バンド「サンタナ」を1960年代から率い、
現在も活動中。

Carlos Santana-Europa

ものすごく表現力豊か!!! ハートフルな演奏だと
わたくし「がきさん」は思います
高中正義さんなんかも
きっとサンタナの事、好きなんじゃないかな・・・

Santana - Black Magic Woman 1971



a:286 t:1 y:1